MENU
アーカイブ
当サイトはSWELLを使用しています

\amazon お得なクーポン・タイムセールほか/詳細はこちら➤➤

「メンテナンスA 期限が切れます」の表示理由と解除方法(リセット)の解説

「メンテナンスA 期限が切れます」 の解除方法

GLS350dのディスプレイに「メンテナンスA2期限が切れます」が表示され目障りです。こんにちわ、TAKAです。

最近のクルマはコンピューター制御なのでディスプレイに色々と表示されます。

日本車でも面倒なのに外車で表示が出ると不安で心配になります。「クルマが走らなくなるのか」、「点検で高額請求されるのか」色々と考えてしまいます。

今回、メルセデス・ベンツGLS350dのディスプレイに「メンテナンスA2期限が切れます」が表示されたので「メンテナンスの内容と解除方法(リセット)」を調べたので記事にしました。

下記は「【輸入車】SUVの7人乗り3列シートは快適?メルセデス・ベンツSUV GLS350d 4MATIC Sportsを購入」の記事です。是非合わせて読んでみてください👇👇👇

急なお車のトラブル、車検が近い、ディーラーでの見積もりが思ったより高かった
輸入車修理専門店【buv.LABO】にお任せ下さい!!
目次

ディスプレイの「メンテナンスメッセージ」表示理由

次回点検までの「日数」または「走行距離」

クルマのMB1年/2年点検実施時期が近づくと、マルチファンクションディスプレイに「メンテナンスメッセージ」が表示されます。

次回点検までの日数または走行距離
のお知らせ。

表示された日数または走行距離までにメルセデス・ベンツ指定サービス工場で点検を受けるようになっています。

表示は、走行距離又は1年のどちらか早い方のタイミングで点灯します。

MB1年/2年点検実施時期が近づくと、メーターパネル内のメンテナンスインジケーターが点灯し、点検までの日数または走行距離をお知らせします。

表示された日数または走行距離までにメルセデス・ベンツ指定サービス工場まで車両をお持ちいただき、点検をお受けください。

引用:メルセデス・ベンツFAQへより

「メンテナンスA」と「メンテナンスB」の違い

メンテナンスインジケーターの「メンテナンスA」と「メンテナンスB」は下記の内容です。

メンテナンスAは、オイル交換とワイパー交換程度の軽度の整備で、メンテナンスBは、それに加えてブレーキオイル交換やフィルター交換等も加えた多少時間を要する整備の違いです。

走行距離又は1年のどちらか早い方のタイミングで点灯します。

メンテナンスA
メンテナンスB
  • オイル交換とワイパー交換程度の軽度の整備
  • ブレーキオイル交換やフィルター交換等も加えた多少時間を要する整備

「MB1年点検」と「MB2年点検」の違い

「MB1年点検」「MB2年点検」の違いは下記の内容です。

MB1年点検は、メルセデス・ベンツをより安全に乗るために、法定1年点検(法令点検26項目)にダイムラー社が指定した点検項、車の状況によって交換時期となりました定期交換部品、消耗部品の交換。

MB2年点検は、メルセデス・ベンツの各主要箇所の点検、劣化消耗した部品交換、法定2年点検(法定点検56項目)にダイムラー社が指定した点検項。

MB1年点検
MB2年点検
  • 法定1年点検(法令点検26項目)
  • ダイムラー社が指定した
    点検項目
  • 交換時期となった
    定期交換部品・消耗部品
  • 法定2年点検(法定点検56項目)
    ※車検がプラスされる
  • ダイムラー社が指定した
    点検項目
  • 交換時期となった
    定期交換部品・消耗部品
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる
複数メーカーの車種を無料で比較!

表示の解除方法

車両購入時の保証内容でエンジンオイル交換、年3回無料サービスでオイル交換を行っているので、今回のメンテナンスAの表示(軽度の整備)は自分で解除(リセット)しました。

下記の手順で表示の解除をおこないました。

スクロールできます
主なステップボタン操作ディスプレイ表示
車に乗りドアを締めて、スマートキーを押してACC電源(アクセサリー電源)をONにします。
ハンドル右側の「受話器ボタン」を押しながら直ぐに左側の「OKボタン」を押します。
約5秒間長押しすると「メンテナス」表示に変わります。
ハンドル左側の「▼ボタン」押して「メンテナンス」にカーソルを移動します。
「OKボタン」を押します。
※戻る時は「↰ボタン」を押す。
表示が変わります。
ハンドル左側の「▼ボタン」押して「フルメンテナンス」にカーソルを移動します。
「OKボタン」を押します。
※戻る時は「↰ボタン」を押す。
表示が変わります。
ハンドル左側の「▼ボタン」押して「フルメンテナンス確認」にカーソルを移動します。
「OKボタン」を押します。
※戻る時は「↰ボタン」を押す。
表示が変わります。
ハンドル左側の「▼ボタン」押して「はい」にカーソルを移動します。
「OKボタン」を押します。
※戻る時は「↰ボタン」を押す。
表示が変わります。
ハンドル左側の「▼ボタン」押して「確認」にカーソルを移動します。
「OKボタン」を押します。
表示が消えてリセットされます。
※戻る時は「↰ボタン」を押す。
※OK後は取消しできません。
メンテナンスA解除手順

まとめ

「メンテナンスA 期限が切れます」の表示理由と解除方法(リセット)の解説をしました。

私は車両購入時の「エンジンオイル交換、年3回無料サービス」と軽度の点検をおこなっているので、今回の「メンテナンスA」は、自分で表示のリセットをおこないました。

表示自体も点検実施時期がきて「期限が切れます」の表示なので特に問題有りませんでした。

しかし、最近はディーラー、購入店との「メンテナンス契約」もありますので、心配な方はにディーラー、購入店に確認した方が良いです。

今年は車検がありますので、その時の内容も報告しますのでよろしくお願いします。

納車時の走行距離納車後の走行距離総走行距離
43,000km48,749km5,749km
購入後の走行距離

GLS350d年間維持費は2022年2月〜12月で324,149円掛かりました。内訳は下記の内容です。

GLS350d年間維持費
自動車税:51,000円
任意保険:100,000円
コーディング代:38,500円
GPSレーダー取り付け:11,000円
3Dラバーマット:34,432円
ヘッドレスハンガー:2,980円
インナーポケット:3,280円
燃料代 :75,457円
洗車:7,500円
年間324,149円

「メンテナンスA 期限が切れます」 の解除方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次